/

この記事は会員限定です

空気制して温暖化征す エアコンが握る脱炭素の行方

[有料会員限定]

「世界の平均気温の上昇を1.5度に抑える努力を追求すると決意する」。13日に閉幕した第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)。成果文書「グラスゴー気候合意」では、6年前のパリ協定で「努力目標」だった1.5度の気温上昇抑制の表記を一歩踏み込み、事実上の共通目標とした。

石炭火力発電の削減、電気自動車(EV)の普及、森林火災対策の強化――気候変動問題の深刻化を受け、温暖化ガス排出量削減に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン