/

この記事は会員限定です

新興国通貨、相次ぎ安値圏 高まる不況リスクと債務懸念

[有料会員限定]

新興国通貨が軒並み下落し、記録的な安値を付けている。米国など世界的な金融引き締めで緩和マネーが逆流し、新興国から資金が流出。ウクライナ危機によるエネルギーや穀物市場の混乱なども経済の重荷となっている。世界銀行などは新興国からの資金流出による金融市場の緊張の高まりを指摘するなど、世界の波乱要因として懸念が強まりつつある。

インドの通貨ルピーは13日、1ドル=79ルピー台と過去最安値を付け、チリペソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン