/

この記事は会員限定です

株価変動「海外株・債券」が要因 QUICK調査

[有料会員限定]

QUICKが11日に発表した1月の株式月次調査によると、今後半年間の株価変動要因として「海外株式・債券市場」に注目する投資家の割合が25%と、約4年ぶりの高水準となった。各国で金融緩和縮小が進む中、米国株市場などで割高感のある銘柄から資金が流出するとの見方が広がっている。

調査は1月4~6日に証券会社や銀行など機関投資家ら211人を対象に実施。129人から回答を得た。

今後半年間で最も注目してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン