/

この記事は会員限定です

不妊治療の保険適用 「負担増」の解消に難しさ

[有料会員限定]

政府が健康保険の適用拡大の方針を打ち出した不妊治療。経済的な負担軽減につながるとして、患者側から好意的に受け止められた。だが、議論が進む中で、現状より負担が増えるケースが出かねないと懸念の声が上がるなど、制度設計の難しさも指摘され始めている。

「治療を続けたい気持ちもあるが、費用を考えると悩ましい」。都内に住む40代の会社員女性は今年、体外受精により妊娠したものの、出産には至らなかった。治療費は総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン