/

この記事は会員限定です

大手行の貸出金、21年度は4年連続増 資源高が影響

[有料会員限定]

全国銀行協会が11日発表した預金・貸出金速報によると、3月末時点のメガバンクなど大手5行の貸出金残高は前年同月比0.1%増の213兆円だった。年度末の残高の増加は4年連続になる。増加率は前年度の5.3%から縮小した。新型コロナウイルス禍で急増した運転資金などの融資の返済が進んだ一方、資源高に備えた資金需要が徐々に増えている。

前年同月比で増加となったのは11カ月ぶり。年度末の資金需要に加え、「ロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン