/

この記事は会員限定です

世界の社債、緩む規律 発行条件に財務悪化許す「毒」

[有料会員限定]

世界の社債市場で規律の緩みがあらわになっている。長引く金融緩和で信用力の低い企業も社債を有利に発行でき、追加の借金などが可能な条項がつく例が相次ぐ。2021年に入り欧州ではこうした社債の発行が低格付け債全体の2割超に達した。運用難に苦しむ投資家は、企業の財務悪化を許す、いわば「毒」のような条件をのまざるを得ない。将来の景気後退時には投資家の損失や企業の資金繰り圧迫をもたらし、金融システムの動揺につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン