/

この記事は会員限定です

あおぞら銀「不良債権の処理支援、200行と協議」

[有料会員限定]

あおぞら銀行は地域金融機関から不良債権を買い取り、対象企業の再建を支援する取り組みを拡大する。新型コロナウイルスの影響で過剰債務を抱える企業が増え、金融機関の経営の重荷になりつつある。すでに約200行と協議を始めており、2021年度の後半以降から債権売却が活発になるとみている。

あおぞら銀は旧日本債券信用銀行時代の1999年に債権回収会社(サービサー)を設立し、事業再生ビジネスに参入した。これまで全国の地域金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン