/

この記事は会員限定です

米ハーバード、東芝株売却 シンガポールの物言う株主に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東芝の大株主だった米ハーバード大学の基金運用ファンドが、3月までに同社株を売却していたことが分かった。保有株は2020年の株主総会で車谷暢昭社長らに反対票を投じたシンガポールの「物言う株主」が取得した。株主と現経営陣の緊張が一段と高まる可能性がある。

米ハーバード大のファンドが東芝株を売却した先は、シンガポールの資産運用会社、3Dインベストメント・パートナーズ。3Dが2日に関東財務局に提出した大量保有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン