/

この記事は会員限定です

三井住友信託、4.5%賃上げへ 物価上昇を反映

(更新) [有料会員限定]

三井住友信託銀行が2022年度の賃金について、平均で4.5%程度引き上げる方向で調整を進めていることが分かった。このうち、基本給の引き上げに相当するベースアップ(ベア)は1.5%程度で、ベアの実施は7年ぶりとなる。国内の物価上昇圧力が強まっていることから、大幅な賃上げに踏み切る。

このほか、持ち株会社である三井住友トラスト・ホールディングスの株式を、信託銀行の従業員に割り当てる新たな報酬制度の導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン