/

この記事は会員限定です

「指し値オペ」とは何か 日銀が金利抑制へ再発動

(更新) [有料会員限定]

日銀は28日、長期金利の上昇(債券価格の下落)を抑制する「指し値オペ(公開市場操作)」を通知した。指し値オペの発動は2月14日に続いて今年2度目。金利上昇圧力の強さを受けて28日午後にも指し値オペを発動した。長期金利に事実上の上限を設けて堅持する世界的にも異例の手段で、金融緩和を維持する姿勢を鮮明にする。「指し値オペ」の手法と効果、さらには副作用といったポイントを読み解く。

・利回り指定して国債を無制限購入
・主要国中銀では日銀のみ導入
・国債売買が細る副作用も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン