/

音声で学ぶ「クレジットカードの常識」 金利に注意

REINAの「マネーのとびら」第40回 クレジットカードの常識

マネーの知識を耳から学ぶ日経ポッドキャスト「マネーのとびら」。今回のテーマは「クレジットカードの常識」です。この春、新社会人になった人はそろそろクレジットカードの入会を検討するという人も多いのではないでしょうか。さらに4月からは成年年齢が18歳になり、親権者の同意がなくてもカードがつくれるようになっています。そこで今回はクレジットカードの基本について、米国出身のタレント、REINAさんと一緒に学びます。解説は日本経済新聞の手塚愛実マネー報道グループ長です。

クレジットカードは無数に種類があります。でも、大きな区別を知れば、入会しようとしているカード、現在持っているカードの理解が進みます。まずカード会社が発行する「プロパーカード」。カード会社の中にはVISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、JCBのように全世界に決済ネットワークをもつ「国際ブランド」と、国内のカード会社があり、それぞれ提携しています。

もう一つ、身近なのが「提携カード」と呼ばれるものです。百貨店や航空会社、ガソリンスタンドなど、消費者との接点が最も多いカードです。これ以外にはカードの色(ステータス)による区別もあり、年会費も違ってきます。こうした中でどんな観点でカード選びをすればいいのか、また最近増えている「ナンバーレスカード」、カードの棚卸しなどについても解説しました。

また、クレジットカードでは返済方法にも注意が必要です。リボルビング払いは一見、大きな買い物をしても月々の返済額が一定なので、つい利用してしまうという人もいそうです。しかし、金利が年15%かかるため、返済期間が長引くほど返済総額が膨らんでいきます。一方で1回払い、2回払い、ボーナス一括払いには金利がかかりません。このような基礎知識を押さえ、賢い使い方をしたいものです。

番組後半の人気コーナー「American Money Life」のテーマは「映画について語ろう」です。REINAさんによると米国の映画館の料金は平均10ドルぐらいだそう。今の円安の状況を考慮しても、大人1人1800円の日本よりリーズナブルです。「初デートはいつも映画を見に行く」というREINAさん。どんな映画が好きなのでしょうか。じっくり聴いてみてください。

「REINAのマネーのとびら」は毎週木曜日(祝日の場合は水曜日)、日経電子版やAppleのPodcast、Spotify、Amazon Musicなどのプラットフォームで公開します。

■下のプレーヤーで聞く(会員登録や料金は必要ありません。再生ボタンを押すと音声が流れます)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

マネーのとびら

「マネーのまなび」のポッドキャスト番組。米国出身のタレントのREINAさんが日経電子版の記事から気になった身近なお金まわりのニュースを選び、日経の「マネーの達人」がわかりやすく解説します。続けて聞けば、いつの間にかマネーの知識が身に付きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン