/

SBI、新生銀行へのTOB成立発表 47.8%で連結子会社化

SBIホールディングス(HD)は11日、新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。新生銀株の保有比率は現在の約20%から47.8%に高まる。新生銀を連結子会社化し、協調して経営改善を進める。前身の日本長期信用銀行が経営破綻してできた新生銀はSBI傘下で再出発する。

SBIは9月10日、48%を上限に1株2000円でTOBを始めた。12月10日の期限までに買い付け予定の上限(5821万1300株)を下回る5692万2199株の応募があった。新生銀は17日付でSBIの連結子会社となる。新生銀の経営改善に向けて銀行持ち株会社の認可を申請し、過半の株式取得を目指す。

新生銀は2022年2月初旬にも開く臨時株主総会で、SBIが推薦する川島克哉副社長ら取締役候補者3人を選任する。SBIは新生銀が示している経営方針や事業戦略を尊重し、企業価値向上に取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン