/

この記事は会員限定です

積み立て投資、米国株へ拡大 楽天証券はポイント対応

[有料会員限定]

中長期の積立投資が米国株へ広がり始めた。楽天証券は月内にもポイント投資の対象とするほか、ネット証券各社もサービス拡充を急ぐ。資産形成層を中心に増える投資信託の積み立てから、投資マネーを個別株投資へ広げる狙いだ。新型コロナウイルス禍で個人投資家が米国株など外国株を有望視していることも背景にある。

楽天証券は約4500の上場銘柄の買い注文や積立投資の設定時に、ポイントの残高を購入代金や取引手数料に充...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン