/

この記事は会員限定です

金相場「2200ドルへ上昇も、保有最大2割に」ETF最大手

SSGA金戦略責任者 ジョージ・ミリングスタンレー氏

[有料会員限定]

金価格が歴史的な高値圏で推移している。ウクライナ危機やインフレへの懸念が実物の安全資産とされる金への資金流入を促している。金にとって逆風となる米国の利上げが進んでも輝きは続くのか。世界最大の金上場投資信託(ETF)「SPDRゴールド・シェア」を運営するステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)の金戦略責任者、ジョージ・ミリングスタンレー氏に聞いた。

――2022年の金相場の見通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン