/

この記事は会員限定です

米モルガン巨額出資決断 剛腕バンカー、永易克典氏死去

(更新) [有料会員限定]

スマートで紳士。金融界の保守本流を自認する旧三菱銀行の歴代トップにはこんな印象がつきまとう。だが、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)社長などを歴任した永易克典氏は豪胆かつ無頼。異色の剛腕バンカーだった。

東大法学部を卒業し、1970年(昭45年)に旧三菱銀に入った。中枢の経営企画部門を歩み、名門・虎ノ門支店長を経験したころから頭角を現した。懸案だった系列の日本信託銀行に出向し、再建の難題も託された。旧三菱信託銀行とのい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン