/

イオン銀行、信託と提携 遺言サービスを提供

イオン銀行は10日、遺言作成支援などの相続関連サービスを始めると発表した。信託業の山田エスクロー信託(横浜市)と業務提携契約を結んだ。遺言の作成や保管、執行までを一括して支援する信託サービスや、遺産分割の手続きなどを取り扱う。

相続関連サービスについて相談したい場合は、山田エスクロー信託の担当者とイオン銀行の店舗で面談、手続きができる。まず10日に移転オープンした東京八重洲店で取り扱いを始め、全国のイオン銀店舗での展開を予定する。

高齢化社会で増える相続ニーズに応えられるようにする。東京八重洲店では営業時間を午後8時までとし、日常生活のついでに相談に寄りやすい店舗をコンセプトとした。小林裕明社長は同店の開所式で「会社帰りに寄れる店舗で専門家と相談できるのは新たな利便性の提供になる」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン