/

この記事は会員限定です

独自データを世界で探せ 高度分析、大手ファンド優位に

Tech×Market データ競争2.0㊤

[有料会員限定]

世界の投資家の間で「オルタナティブデータ」と呼ばれる非伝統的なデータが広がり、より独自の情報を手に入れた者が運用で勝ち残る新しい局面に入った。2010年代から普及したデータは、衛星画像、POS(販売時点情報管理)情報、人や車の移動履歴など種類は増え続けている。大手ファンドは資金力を武器に、分析のプロ人材をそろえ、データを求めて中国など新興国まで手を伸ばす。その陰で中小や個人投資家は劣勢に立たされ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人工知能(AI)、アルゴリズム、超高速取引(HFT)……。技術の進化がヒトの存在感を薄め、市場での価格決定のメカニズムを大きく変えています。市場にインパクトをもたらす最先端のイノベーションの動きを追います。連載企画「Tech×Market」の第1部「デジタルの奔流」はAIやアルゴリズムが市場をどう変えたか、第2部「データ競争2.0」は独自のデータを手に入れられるかどうかで、運用の優勝劣敗が決まる様を描きました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン