/

この記事は会員限定です

海外投機筋が円売り主導 夜に進む円安、実需より金利差

[有料会員限定]

海外投機筋が足元で円安を主導している。時間ごとに円安の進み具合を分析すると、3~5月上旬は東京市場で進んだ一方、5月下旬からは海外市場で目立ち、1998年以来となる1ドル=136円台に達した。円売りの主体が日本の輸出入企業の決済という実需から、日米金利差に着目した海外での投機的な取引に変わったことを示す。短期マネーが存在感を高め、円安が一服した際に巻き戻しが想定以上に速くなるリスクもある。

日銀

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン