/

この記事は会員限定です

投資にも「大掃除」 NISA投資枠の扱い、年末に検討

[有料会員限定]

2022年も残すところ1カ月あまりとなった。ロシアによるウクライナ侵攻や、欧米各国の相次ぐ金融引き締めなどで、株式相場と為替相場は波乱が多かった。投資の損益がプラスになった人もマイナスの人も、年末までの対応次第で節税や効率的な投資につながる可能性がある。投資の「大掃除」をしておきたい。

まず検討したいのは、少額投資非課税制度(NISA)の年間投資枠に残りがある場合にどうするか。非課税期間20年の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1599文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません