/

この記事は会員限定です

社債の上乗せ金利、2カ月ぶり低水準 景気懸念和らぐ

[有料会員限定]

世界の社債市場が落ち着きを取り戻している。国債に対する社債の上乗せ金利(スプレッド)は8日時点で、投資適格債、低格付け債(ハイイールド債)ともに約2カ月ぶりの小ささまで縮小した。米経済の底堅さを示す経済指標を手掛かりに、過度な景気悪化不安が後退しているためだ。

企業が発行する社債の利回りは、国債利回りに企業の信用力に応じたスプレッドを上乗せして決まる。スプレッドが大きければ大きいほど、投資家が債...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン