/

この記事は会員限定です

石油が支えた基軸通貨ドル ニクソン政権、47年前の密約

金融PLUS 金融グループ長 河浪武史

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「米国が金交換を停止、ドル危機に緊急対策」。ちょうど50年前の1971年8月16日、日本経済新聞夕刊は前日の「ニクソン・ショック」を大展開で伝えている。国際通貨体制を揺るがす大事件だったが、ニクソン米政権はその後、石油貿易をドルで支配することで基軸通貨の地位を逆に固めていく。産油国との密約が育てたドルと石油の「蜜月関係」。半世紀後のゼロ炭素社会への大転換が、そこに風穴を開けることになる。

ニクソン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン