/

金融庁井藤氏、一任運用「付加価値の提供を」

金融情報会社のQUICKは10日、「ファンドラップの台頭と資産管理型営業の実践」と題したQUICK資産運用討論会を開いた。金融庁の井藤英樹・政策立案総括審議官は基調講演で、多くの金融機関が投資信託で一任運用するファンドラップに力をいれていることを踏まえ「大切なのは顧客に十分な付加価値を提供することだ」と指摘した。資産運用業の高度化に向けて、運用パフォーマンスの「見える化」を強化する考えを示した。

パネルディスカッションでは金融機関の担当者らがファンドラップの現状や今後について意見交換した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮本諭投資顧問部長は「リサーチ、コスト、レビューの3点を重視している」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン