/

この記事は会員限定です

フィンテック阻む日本の規制 特例は終了、銀行法も壁

[有料会員限定]

フィンテック産業の成長が日本で遅れている。旧来の金融業界を守るための業法や規制が革新の芽を摘む。新興勢力の成長が見込めなければ、マネーも逃げていく。経済の血液である金融業界の硬直化は日本の停滞にもつながりかねない。

インターネットでつながった仲間同士で補償しあう「P2P」と呼ばれる保険ビジネスのフリッチ(東京・千代田)は政府の規制緩和策の一環で、ある実証事業を手掛けている。スポーツ中の事故などに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン