/

この記事は会員限定です

世界の社債金利、10年半ぶり高水準 業績不安強まる

[有料会員限定]

高インフレ下で多くの中央銀行が金融引き締めを急ぐなか、社債の金利が世界的に上昇(価格は下落)している。国際指標でみた世界の社債利回りは10年半ぶりの高水準になった。国債利回りの上昇に加え、景気悪化への警戒感から企業の信用リスクに応じた「上乗せ金利(スプレッド)」が広がっている。信用力の低い企業の社債発行が減り、企業の債務不履行(デフォルト)リスクが高まる兆しもみえる。

米インターコンチネンタル取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン