/

この記事は会員限定です

日本は「四半期資本主義」か 首相、市場ルール見直しへ

金融PLUS 金融グループ長 河浪武史

[有料会員限定]

岸田文雄政権が「新しい資本主義」を掲げて動き出した。所信表明演説では企業の「四半期開示」の見直しに言及し、短期的な利益を求める市場のあり方にメスを入れるという。ただ、日本経済の競争力低下の理由が、企業や投資家の「短期主義(ショートターミズム)」にあるとは言いがたい。市場ルールを見直すのであれば、人的投資を促すさらなる情報開示こそ、岸田政権の「成長と分配の好循環」の早道となる。

「企業が長期的な視点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン