/

この記事は会員限定です

「見せかけESG」に歯止め 金融庁、運用・評価に開示要求

(更新) [有料会員限定]

金融庁は適切な情報開示や外部評価に基づくESG(環境・社会・ガバナンス)投資の普及を後押しする仕組みをつくる。ESG関連の投資商品を手がける資産運用会社や、債券などにESG対応のお墨付きを与える評価機関に対して、手法や根拠の説明を求める。世界で脱炭素の潮流が強まるなか、実態が曖昧な「見せかけ」商品に歯止めをかける。

金融庁は28日に開く「サステナブルファイナンス有識者会議」で示す報告書案に盛り込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン