/

この記事は会員限定です

「持ち切り型」投信、資産総額1年で5倍 預貯金代わりに

元本割れや運用コストに注意

[有料会員限定]

社債など債券だけで組み立て、満期までの保有を前提とする「持ち切り型」投資信託に資金が集まっている。日興リサーチセンターによると、2020年以降に新規設定された同種類の投信の7月末の純資産総額は約3900億円と1年間で4.9倍に増えた。株式投信と比べ価格の変動リスクが低い点などが預貯金の代わりとして関心を集めているが、元本割れや運用コストに注意が必要だ。

債券は企業などが投資家から資金を借りるために...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン