/

この記事は会員限定です

地銀の「スマホ金融」後押し りそな、IBMなどと新会社

[有料会員限定]

りそなホールディングスは、地方銀行がスマートフォンのアプリで多くの銀行取引ができるようになる技術基盤をつくる。基幹システムの設計や運用を手掛ける日本IBMやNTTデータと新会社をつくり、ベンダーの垣根を越えてデジタル化に遅れる地銀の取り組みを後押しする。

りそなが過半を握る共同出資会社を年度内に立ち上げる計画で、日本IBMやNTTデータと近く覚書を交わす。3社で検討委員会を設立し、具体的な事業計画を詰めることにしている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン