/

この記事は会員限定です

日台産業協力の重要性

十字路

[有料会員限定]

人口2400万人弱の台湾はコロナ禍においてデジタル技術を活用した機敏な対応を進め、死者を11人に封じ込めた。2020年の域内総生産(GDP)は約3%のプラス成長を維持、21年も4%台の成長が予想される。民主主義を尊重する台湾は、感染封じ込めと経済回復の両立に成功し評価を高めた。一方、米中対立が深まる中、地政学的には緊張の中に置かれている。

その台湾と日本は共通点が多く、産業協力が可能な分野が多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン