/

この記事は会員限定です

義務教育にも存在する格差 国際的には「凡庸」

[有料会員限定]

教育格差に関する調査・研究を続けている早稲田大学准教授の松岡亮二さんが様々なデータから「日本の教育の今」を解説します。連載2回目は「日本の教育格差の特徴」について。

日本では98%の子供が公立小学校に通い、同じ学習指導要領のもと、似たような教室のなかで教職免許を持つ教師による検定された教科書に沿った授業を受けます。これだけ標準化された義務教育制度のなかで育つと、すべての子供に同じような機会が付与さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン