/

この記事は会員限定です

日銀、コロナ融資に金利上乗せ マイナス金利副作用軽く

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日銀はコロナ対応融資など貸し出しに積極的に取り組む金融機関向けの支援制度を16日から始める。日銀の資金供給策の利用実績に応じ、当座預金の適用金利を一部で上乗せして企業の資金繰りを支えるよう促す。マイナス0.1%の短期金利を引き下げる(深掘りする)場合には上乗せ金利を手厚くする仕組みで、急な円高進行時などに深掘りに動きやすくする狙いもある。

「貸出促進付利制度」は3月の金融政策決定会合で創設を決めた。新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン