/

この記事は会員限定です

需要刺激 残るは市場経済回帰

十字路

[有料会員限定]

インフレは消費者の購買力を奪い、消費主導の不況をもたらす。ウクライナ危機は、資源価格の急騰によるインフレの加速を通じて、不況入りの時期を一段と早めている。エネルギーや食料などの価格上昇は、この不況による需要の大きな落ち込みを待って、下落に転じていくことになるが、この時期もまた危機前よりも早まってくることになるだろう。

インフレの加速に加えて問題なのは、資源輸入国の貿易赤字の拡大である。通貨安から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン