/

この記事は会員限定です

SBIの新生銀TOB、緊迫の7カ月 引き金はマネックス提携

(更新) [有料会員限定]

SBIホールディングス新生銀行は地方創生分野で協業関係にあった。関係が崩れたのは2021年1月だ。新生銀がSBIと競合するマネックス証券と金融商品仲介業務で包括提携を発表すると、両社の関係は急速に悪化。緊迫の7カ月が幕を開ける。

提携が明らかになった朝。SBIの本社が入る東京都港区の泉ガーデンタワー20階の社長室で、北尾吉孝社長は居並ぶ幹部を前に新生銀の工藤英之社長に対する不満を口にした。「信義にもとる男だな」

複数の新生銀関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン