/

この記事は会員限定です

株は楽観・金利は慎重 利上げ巡り相場見通し割れる

[有料会員限定]

今後の相場展開を巡って、米国の債券と株式市場で見方が割れている。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めを警戒して債券市場では相場の乱高下を想定する一方、株式市場は足元の相場の戻りや底堅い企業業績から楽観的なムードが漂う。過去には両資産の警戒感の違いが広がった後に株式相場が崩れるケースもある。

相場の予想変動率を示す指標は米国債は「MOVE指数」、米株は「VIX指数」が代表的だ。いずれも債券や株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン