/

この記事は会員限定です

アクティブ投信、コスト踏まえ成績評価 ニッセイAMなど

(更新) [有料会員限定]

運用会社がアクティブ(積極投資)型投資信託の評価体系を見直す動きを加速している。ニッセイアセットマネジメント(AM)は信託報酬などのコストを控除した成績で投信を評価し、成績の低迷する商品はコストの引き下げも検討する。三菱UFJ国際投信も費用控除後の成績を投信の評価軸に加えた。コストが高いとの批判が出ていたアクティブ型に投資家目線を採り入れ、顧客拡大を狙う。

アクティブ型投信はファンドマネジャーが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません