/

この記事は会員限定です

米バフェット指数200%超 極まる割高化に懸念も

UP&DOWN

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大により経済の先行きに不透明感が広がるなか、市場では株式の割高感に対する警戒感が強まっている。注目されるのが著名投資家のウォーレン・バフェット氏が重視する指標で、株式の時価総額を名目国内総生産(GDP)で割って算出する「バフェット指数」だ。この指数は100%を超えると割高と判断されるが、米国ではすでに218%にも達し、割高感は極まりつつある。

指数が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン