/

この記事は会員限定です

地銀の2割、感染再拡大なら23年3月期に赤字も 日経試算

NIKKEI Financial RAST

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本経済新聞社は地方銀行の将来の収益力や財務力を独自のストレステストで分析した。日銀が想定する「感染症再拡大シナリオ」を当てはめて試算したところ、2023年3月期に約2割の地銀が最終赤字になるとの結果が出た。景気が安定軌道にのれば赤字に転落する地銀は限られるが、収益力の低迷は続く。

足元の財務データをもとに将来を探る「NIKKEI Financial RAST(Risk Analysis Stress...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン