/

この記事は会員限定です

穀物市場にミシシッピ川リスク はしけ船運賃7割高

中国需要増加、雪解けも影響

(更新) [有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻で関心が集まる穀物市場。生産だけでなく物流にも懸念材料が出てきた。米国が輸出する穀物の大半が通るミシシッピ川で今春、輸送に使うバージ(はしけ船)の運賃が7年半ぶりの高水準となった。今後も川の状況次第で高値が続く可能性があり、日本の輸入コストにも響きかねない。

「米国全体の物流の2割弱を占め、鉄道輸送が機能しなくなった際の混乱を吸収する役割もある」。近畿大学の伊沢正興准教授は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン