/

この記事は会員限定です

DeFi、ハッキング急増が普及阻む 22年は30億ドル超

[有料会員限定]

ブロックチェーン上のプログラムによって金融取引をする分散型金融(DeFi)でハッキングによる被害が増え続けている。2022年の被害額は30億ドル(約3840億円)を超え、12月だけで既に2回、500万ドルを上回る被害が発生した。各国の法規制が及ばず、被害が弁済されるケースは少ない。安全性への懸念が普及を阻んでいる。

DeFi情報サイトのディーファイラマによると、22年にDeFiで発生したハッキン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません