/

この記事は会員限定です

新興国への資金流入、1年5カ月ぶり高水準

利上げ鈍化懸念で

[有料会員限定]

国際金融協会(IIF)が各国の統計をもとにまとめた11月の速報値によると、株式と債券をあわせた新興国への資金流入額は374億ドルと前月(95億ドル)から4倍近くに増えた。流入額は2021年6月(558億ドル)以来、1年5カ月ぶりの高水準だった。米国が利上げペースを鈍化させるとの観測を背景に、新興国の経済回復を見込んで株式や債券に資金が流入した。

資金流入の内訳をみると、中国を除いた新興国の債券に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません