/

この記事は会員限定です

植田日銀、問われる政治との距離 政策の自主性どう確保

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

日銀の次期総裁に決まった植田和男氏は金融緩和の修正などの難題を前に、政治との距離感が問われる。歴代総裁は円高やデフレを巡り、対立と協調を繰り返してきた。黒田日銀は安倍晋三政権時代、異例の蜜月関係を築いたが、市場機能の低下や財政との一体化が負の遺産として残る。政治と協調しつつ政策の自主性をどう確保するのか。「学者総裁」率いる日銀新体制のアキレスけんにもなりうる。

「非常に手堅い受け答えだった」。国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません