/

この記事は会員限定です

貴金属「トロイオンス」 フランス都市名が由来

単位のイロハ

[有料会員限定]

ウクライナ危機や世界的なインフレで、金や銀といった貴金属の注目度が増している。特に金はその希少性や美しさから高い価値を認められ、かつては通貨の価値を決める国際的な基準だった。経済不安の時に買われやすく「有事の金」とも呼ばれる。

貴金属の取引単位は「トロイオンス」が国際標準だ。中世に商業拠点として栄えたフランスの都市トロア(トロイエス)に由来する。市場で使われていた単位「トロイオンス」がそのまま貴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン