/

この記事は会員限定です

「放置銘柄」に市場の視線 「人の行く裏」地銀など買い

井口耕佑

[有料会員限定]

世界的な金融引き締めが株式市場の逆風となるなか、実力のわりに注目されてこなかった「放置銘柄」を物色する動きが広がっている。金利上昇と景気不安からIT(情報技術)や景気敏感などの主力株には買いを入れにくい。プロの投資家はこれまでの物色対象外だった地方銀行株など、下値不安の小さい銘柄に活路を見いだしている。

「最近、初めて地銀株を本格的に買い始めた」。農林中金全共連アセットマネジメント(NZAM)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン