/

この記事は会員限定です

ESG開示、乱立基準の統一模索 日本も主導権争い参入

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

企業のESG(環境・社会・企業統治)情報開示で統一の国際基準を模索する動きが出てきた。国際会計基準づくりを担うIFRS財団が2022年6月までに基準策定を目指す。これまでは気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に基づき各国・団体がバラバラに制度をつくってきたが、共通のものさしができれば透明性が高まる。自国に不利な仕組みにならないよう、各国の主導権争いも始まっている。

IFRS財団は昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン