/

この記事は会員限定です

石炭火力の損保引き受け停止 欧州先行、脱炭素促す

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界の保険会社が石炭火力発電所に絡む損害保険の引き受けを相次いで止める。独アリアンツなど欧州勢は石炭火力の売上高が一定割合を超える企業とは保険契約しない。国内勢も発電所ごとに引き受けるか判断する。自然災害の頻発でリスクを分散するための再保険料が急騰していることも選別の背景にある。銀行や機関投資家の生命保険だけでなく損保も産業界に脱炭素を迫る。

電力会社は発電所を新設する際、事故や想定外のトラブルに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン