/

この記事は会員限定です

企業の税務戦略を考える

十字路

[有料会員限定]

返礼品で人気のふるさと納税だが、ニコングループでは企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を行った。

グループ会社のニコン日総プライムが山梨県都留市の教育プロジェクトに専門人材を派遣し同時に事業運営費を寄付することで、社会貢献と税メリットの双方を実現する。

企業と税の関係はグローバルなテーマだ。各国が巨額の財政赤字を抱える一方、IT(情報技術)大手GAFAなど多国籍企業は租税回避地などを利用し法人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン