/

新規設定、投資家意識映す ESG・脱炭素上位に

投信番付

昨今の投資家によるESG(環境・社会・企業統治)などへの意識の高まりがファンドの当初設定額にも表れている。2021年の当初設定額(10月末時点)のランキングを見ると、10本中4本がESGや脱炭素などに関連したファンドだった。  

設定額のトップは日興アセットマネジメントの「グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンド」。米アーク社の助言を受け、SDGs(持続可能な開発目標)の課題解決への寄与が期待できる企業に投資するファンドで、設定来、毎月安定的に資金流入が続いている。情報技術やヘルスケア関連企業の組み入れ比率が高いのが特徴だ。

また4位には「脱炭素テクノロジー株式ファンド(愛称:カーボンZERO)」が入った。温暖化ガス削減も人気のあるテーマだ。

これらのトピックには国家規模の目標が掲げられているため、関連ファンドの人気が続きそうだ。

(QUICK資産運用研究所 平原武志)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン