/

この記事は会員限定です

国内債に海外マネー最大の12兆円 21年、緩和持続に着目

(更新) [有料会員限定]

海外投資家による日本の債券市場への影響が増している。海外勢が保有する2021年の日本国債の比率は全体の13%と20年間で2.3倍に増え、最大になった。各国が金融緩和の縮小を始めて債券価格が下落(金利が上昇)する中、日本は大規模緩和を継続し金利が安定。価格下落リスクが低い点を選好し、国債を買っている。ただ、海外勢の動向で金利が急上昇するリスクは増している。

「緩和出口の遠さ」を意識

海外勢の国債保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン