/

野村「コメント控える」米議員がアルケゴス問題で質問状

野村ホールディングス(HD)は9日、シェロッド・ブラウン米上院議員(民主党)から米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの問題についての質問状を受け取ったことについて「コメントを差し控える」と答えた。ブラウン上院議員は野村HDのほかに米ゴールドマン・サックスや欧州系のクレディスイスなどにも8日に質問状を送付している。

ブラウン上院議員は、米上院銀行委員会のトップで金融機関に対し積極的な規制を求める立場で知られている。アルケゴスの運用失敗に絡んで野村やクレディスイスなどで損失が発生したことを問題視し、各社の内部管理体制や株価急落につながった株式の大量の売却などについて説明を求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン