/

この記事は会員限定です

消えぬ米債務上限問題 市場、年末「Xデー」警戒

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

米連邦債務の法定上限がいったん引き上げられることになり、米国債の債務不履行(デフォルト)はひとまず遠のいた。実態は先送りにすぎず、年末にかけての国の資金が尽きる新たな「Xデー」を意識し、市場は再び緊張する可能性が高い。米財務省の緊急対応で強まった短期金融の「カネ余り」など、市場には深刻なゆがみも残る。

7日朝の米株式市場。米上院が上限引き上げで合意したと伝わると買いが勢いづいた。このままだと10月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン